FC2ブログ

海と関係ある表現の紹介

”Al di là del mare” は“海の向こうに”と言う意味です。

例えば:

“A est delle Marche, al di là del mare, c`e` la Croazia” (マルケ州の東に、海の向こうにクロアチアがあります。)

”Essere in alto mare”と言う表現は意味が二つあります。一つは、航海中である、例えば”La nave è in alto mare” (船は航海中にあります。) 他の意味は“準備は全然出来ていない状態にいること”と“まだ全然終わっていない”です。例えば”Abbiamo appena iniziato le pulizie e siamo in alto mare.”(私たちは掃除を始めたばかりなので、まだ全然終わっていません。)



”Porto di mare” は“出入りの激しいところ”と言う意味になります。例えば:”Shinjuku è un quartiere molto ben servito dai mezzi pubblici e per questo è un vero e proprio porto di mare.” (新宿には沢山公共の乗り物があって、とても人の出入りが激しいところです。)

”Promettere mari e monti”もラテン語の文学から来る用語で、意味は“守れない約束をやる”になります。例えば”Per farle accettare il lavoro le ha promesso mari e monti.” (彼女は仕事を受けるように、守れない約束をしてしまいました。)

”Cercare per mari e per monti”はどこでも探すと言う意味です。例えば”Sebbene abbia cercato quelle ricevute per mari e per monti non è riuscito a trovarle.”(あの領収証はどこでも探したのに、見つけることが出来ませんでした)。

”Portare acqua al mare”の意味は”余計な事をする”です。海には水が沢山あって、海まで水を運ぶのは意味がない事をするイメージがあります。例えば:”Invece che portare acqua al mare tutti i giorni potreste studiare un po`.” (余計な事をする代わりに、少し勉強したほうがいい)

”Buttare a mare”の表現は”捨てる”と言ういみになります。例えば:”Sebbene quel computer fosse nuovo, lui lo ha buttato a mare.” (あのパソコンはまだ新しいのに、彼は捨てました。)


Uploaded with ImageShack.us
スポンサーサイト



2013-11-18(Mon)
 

Volere e` potere!

☆“精神一倒何事かならざらん”
“Volere e` potere.”

(意思は力になります)
何が目的とか、とてもしたいことがあれば何でも出来るようになります。目的とか、やりたいことはいつもいいモチベーションで、自信になります。そこで、イタリア語で”意思は力になります”と言う表現を使います。

■ ■ ■ ■

☆“青天白日”
“Avere le mani pulite”
(手が綺麗であること)
イタリアの考えでは、何か悪くて不正直なことをやれば、心も手も汚くなります。それで、何も悪い事していなくていい人たちの手は綺麗なので、”彼女は正直な人です”といたい時に、”Lei ha le mani pulite”と言うフレーズを使う事が出来ます。

■ ■ ■ ■

“千載一隅”
“Occasione d`oro”
(金のような価値のあるチャンス)
イタリア語でいい事は金と比べる時が多いです。例えば、”ragazzo/a d`oro”は“いい人”で、”Regola aurea”は“黄金率”で、”cuore d`oro”もやさしい人に対して使います。それで、いいチャンスも金と比べることが出来て、”occasione d`oro”と言う表現を使う事が出来ます。

■ ■ ■ ■

“前門の虎、後門の狼”
“Essere tra due fuochi”
(前からも、後ろからも砲撃にさらされる)
後ろからも前からも砲撃にさらされているような何も出来ず困る状態を、イタリア語でこのイディオムを使ってみてください。
2013-01-28(Mon)
 

何という?イタリア語の諺^-^

☆三人寄れば文殊の知恵
“Quattro occhi vedono meglio di due.”
(目が4つのほうが2つより良く見える)


何かやる時に、一人ではなくて二人以上なら、良い結果が出来る可能性は増えます。その結果1人の2つ目より、2人の4つ目があったほうがいい。

☆死屍を鞭打つ
“Non si parla male di chi non c`è piu`.”
(もういない人のことについて悪口を言ってはいけません)


イタリアにも、もういなくて、自分を守れない人について悪口を言うのはとても悪いことです。

☆釈迦に説法
“Insegnare a volare alle aquile.”
(わしに飛び方を教える)


余計なお世話として、自分よりもっとよく出来る人に何か教えるのは、わしに飛ぶことを教えるような意味がないことなので、この諺をよく使います。


Uploaded with ImageShack.us
2012-12-08(Sat)
 

Avere un sogno

久しぶりに会話の練習の紹介します!次のビデオを見て、質問に答えてください^-^!



1 - Come si chiamano le due ragazze?

2 - Hanno frequentato la scuola insieme?

3 - Quale e` il loro sogno?


"Avere un sogno"は、夢を描くと言う意味で、とても大事なことです。私も夢が沢山描いています:例えば日本語が上手になりたいです!

夢の話なら、他の面白い表現は"non sognarselo neanche"です。意味は"夢にも思わない"になります。

例えば:

Non mi sarei mai sognato di diventare un giocatore di baseball.(彼は野球選手になれるなんて夢にも思わなかった!)
2012-11-06(Tue)
 

Mettereについて。。。

“Mettere”はイタリア語でよく使われている動詞で、意味は”置く”です。毎日使う表現とイディオムの中にも良く出てきますので、これから紹介します:

★Mettere da parte

意味は”残す”と”貯金”する。
例えば:Prima di andare in Giappone ho messo da parte molti soldi. (日本に行く前に、沢山貯金しました。)

★Mettere insieme

意味は”まとめる”と”組み立てる”です。
例えば: Loro hanno messo insieme il mobile comprato all`Ikea (彼らはイケアで買った家具を組み立てました)

★Mettere nel sacco.

意味は”だます”です。
例えば: Lui è stato messo nel sacco da quel truffatore (彼はあのペテン師にだまされてしまいました)

★”mettere su”

意味は”準備する”と”建てる”と”始める”ですが、少し注意したほうがいいことがあります。一般には、新しい会社とか、新しい家に対して使われていて、主語の生活の中で大事な状態の時だけに使います。
例えば: Lui ha lasciato il lavoro e ha messo su la sua azienda (彼は仕事をやめて、自分の会社を建てました)

“Mettere su l`acqua””mettere su pancia”と言う表現もありますが”お湯をわかす”と”太る”と言う意味になりますので注意しましょう!

★”mettere in croce

元の意味は十字架にかけるですが、今”迷惑をかける”と言いたい時だけに使います。
例えば: Gli studenti maleducati mettevano in croce il professore (悪い学生たちは先生に迷惑をかけました。)

★”Mettersi in testa di + 不定詞”

“。。。しようと決心する”と言う意味で、とてもやりたいことがある時によく使います。
例えば: “Mario si è messo in testa di imparare il tedesco.” (マリオはドイツ語の勉強しようと決心しました)

★Mettersi male

”状況がだめになる”とか”状態は危なくなる”と言う意味です。
例えば: Se viene un terremoto forte si mette male (大地震が起こったら危なくなります。)
もし、誰かの状況が悪くなることを教えたかったら、”Per”と言う前置詞を使う必要があります。例えば: All`esame si mette male per me. (試験の時に私はだめです。)
“mettersi”の主語はいつも”La situazione” (状態) なので、動詞は”per”の後の人称によって変わりませんので、注意しましょう!
2012-10-25(Thu)
 
イタリア語&日本語

 

みんなさん、今日は! Ciao!!!

 

九段アカデミーのイタリア語の教師フェデリコです。外国語が大好きです!特にイタリア語と日本語のエクスチェンジに凄く興味があるので日本人のイタリア語の学生と一緒にイタリア語と日本語の勉強したいです! 私も日本語の勉強中なので学生の気持ちも分かります。外国語の勉強をすることがもちろん難しくて沢山頑張らなくちゃ。。。でも本当に面白いと思います!毎日沢山人と会えるしいつも沢山新しいことを学べるし。。。世界でそんなに面白いことがないと思います!

 

 

-----------------------

 

 

C`e` una novita`!

 

最近九段アカデミーの校長先生と話して九段アカデミーと協定を結びました。 校長先生のおかげでこれから九段アカデミーで私のイタリア語の授業が出来ます!今ももっと頑張りたくてもっとイタリア語とイタリアの文化の事も教えたくて凄くうれしい! 九段アカデミでする授業は50分の授業です。勿論文法の勉強しますし会話の勉強も沢山したいです。イタリア語の文法を学びながらコミュニケションを大事にして沢山話しましょう! 私と一緒に勉強したい方がいらっしゃったら次のウエブページをご覧ください! 宜しくお願いします!Grazie!

 

 

http://federico.giri.jp/ 

 

italiagonihongo

Author:italiagonihongo
FC2ブログへようこそ!

☆☆ Visite ☆☆
☆☆ La Classifica ☆☆

FC2Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-