FC2ブログ

Il conte di Montecristo

最近残念ながらブログに新しい記事を書いていません。ブログを書くのは大好きなのでとても残念ですが、最近他のプロジェクトで忙しかったから時間が沢山ありませんでした。新しいプロジェクトは、まだ終わっていませんが今日からネットでアップロードをできましたので紹介します:



(Le Comte de Monte-Cristo)
モンテ・クリスト伯

フランスの”モンテ・クリスト伯”と言う連載小説を読んでイタリア語の勉強をしましょう!
2012年6月14日から、毎週木曜日にイタリア語で書いてあるエピソードを音声でも紹介しますので、よろしければどうぞ聞いてください。

”モンテ・クリスト伯”は1844年にアレクサンドル・デュマによって書かれた小説です。1815年から1838年の間、フランスとイタリアに場面が設定されています。とても面白くて夢中にさせる物語で、モチーフは社会的公正と、復讐です。

個人的に、一番好きな物語で、本当にお勧めです!それに、イタリア語の会話の練習をするチャンスなので、http://federico.giri.jp/MONTECRISTO.html にクリックして、よろしくお願いします!



スポンサーサイト



2012-06-14(Thu)
 

Fare si che...

最近イタリアにガソリンはとても高くなりました。その結果、車を使うのはやめちゃって、毎日電車とバスで仕事に行く人は増えて来ました。



勿論、ガソリンは高くなると、生活費も高くなりまして、いいことだはないけどマイカーの代わりにバスト電車を乗る人を増えたらいいと思います。

ガソリンの値段のことを考えた時に、"fare si che"と言う表現は気になりました。原因節の時に良く使われている言い方で、これから覚えたほうがいいと思います。

"Fare si che"の意味は”何を起こるようにする””。。。のせいで”,”。。。のおかげで”と言う意味になりまして、使う時は、フレーズはこんな感じになります:

(原因) + fare si che + (結論)

”Fare si”の後の動詞は接続法にしたほうがいいです。直接法の動詞も使える時もありますが、特に”何を起こるようにする”と言う意味なら、節独法は必要になりますので注意しましょう!

例えば:

L`alto prezzo della benzina fa si che tante persone prendano il treno.
(ガソリンの高い値段のせいで電車を乗る人が増えました。)

Il freddo fa si che la neve non si scioglie.
(寒さのせいで雪は解けません。)

L`argine fa si che non ci sia un alluvione.
(ダムのおかげで氾濫が起こりません。)

Il terremoto ha fatto si che il treno arrivasse in ritardo.
(地震のせいで電車は遅刻しました。)

Le zanzariere fanno si che le zanzare non entrino in casa.
(かやのおかげで蚊は家を入らない。)

I cellulari fanno si che la vita sia piu` comoda.
(携帯のおかげで生活は便利になりました。)

Facebook fa si che si possa essere in contatto con tutti gli amici.
(フェイスブックのお蔭で友達と皆に連絡ができます。)

Devi fare si che lui si ricordi.
(彼は覚えるようにしてください)
2012-05-07(Mon)
 

Cantiamo!

イタリア語の勉強する時に、イタリアの歌を聞いて見たらいい勉強になると思います。勿論、歌いながらイタリアの歌手は早口で話しますので聞き取れない言葉もありますし、歌で出てくるフレーズの文法も少し特別なので歌の意味を完全にわかるのは少し難しいです。でも、簡単に聞き取れる言葉を楽しくて覚えられるから、いい勉強になると思います。それに、意味は完全にわからなくても、歌うを歌ったてみたり、聞いたりしたら耳はどんどんイタリア語になれると思います。

私も大学で日本語の勉強した時に日本の歌を良く聞きましたし、今も聞きます。一番好きな日本の歌手はキロロです。声もきれいで、他の歌手と比べたら歌の言葉も聞き取れやすいですから。カラオケに行く時に歌ってみる時もありますが調子はずれの歌手なので、一緒に遊びに来てくれる人の耳は痛くなります。(笑)

イタリア語の勉強したら、少し分かりやすい楽しくて面白い歌の紹介します。
歌手はCochi PonzoniRenato Pozzettoです。彼らはもともとミラノの伝統的な喜劇性のコメディアンなので、歌は北イタリアの伝統的なメロディーがあって、文化の観点からも面白いです。それに北イタリアの伝統的な歌は、皆はバーでお酒を飲みに行く時に歌える歌なので、言葉も難しくないし、歌いやすいです。その結果聞き取りやすいかなと思います。

Cochi & Renato - "E la vita, la vita..."



C'è, c'è chi soffre soltanto d'amore
chi continua a sbagliare il rigore
c'è chi un giorno invece ha sofferto
e allora ha detto "io parto
ma dove vado se parto
sempre ammesso che parto".
Ciao!

A chi sbaglia a fare le strissie (Ciao!)
a chi invece avvelena le bissie
uno tira soltanto di destro
l'altro invece ci ha avuto un sinistro
e c'è sempre qualcuno che parte
ma dove arriva se parte.

E, la vita la vita
e la vita l'è bella, l'è bella
basta avere l'ombrella, l'ombrella
ti ripara la testa,
sembra un giorno di festa.
E, la vita la vita
e la vita l'è strana, l'è strana
basta una persona, persona
che si monta la testa,
è finita la festa.

C'è c'è chi un giorno ha fatto furore
e non ha ancora cambiato colore
c'è chi mangia troppa minestra
chi è costretto a saltar la finestra
e, c'è sempre lì quello che parte
ma dove arriva se parte.
Ciao!

A chi sente soltanto la radio
e poi sbaglia ad andare allo stadio
c'è chi in fondo al suo cuore ha una pena
c'è chi invece ci ha un altro problema
e c'è sempre lì quello che parte
ma dove arriva se parte.

E, la vita la vita
e la vita l'è bella, l'è bella
basta avere un'ombrella, l'ombrella
ti ripara la testa, sembra un giorno di festa.
. . .
E, la vita la vita
e la vita l'è bella, l'è bella
basta avere l'ombrella, l'ombrella
ti ripara la testa,
sembra un giorno di festa.

E, la vita la vita
e la vita l'è strana, l'è strana
basta una persona, persona
che si monta la testa, è finita la festa.


Cochi & Renato - "L`aeroporto di Malpensa"



Come tanti ho sognato di volare (oh ohh)
come loro volevo andar più su (oh oh oh ohhh)
dove il cielo è di un bel colore azzurro
un azzurro che tira quasi al blu
ma all'improvviso mi sono ribaltato
la testa in basso, i piedi in su
sotto di me c'era una cosa immensa
ero sopra l'aeroporto di Malpensa

l'aerporto di Malpensa è molto bello
l'aerporto di Malpensa è tutto in piano
l'aerporto di Malpensa è fatto a mano
è l'aeroporo che piace all'aeroplano
all'aeroporto di Malpensa c'è chi dorme,
c'è chi pensa, chi non c'ha la coincidenza e resta lì

l'aerporto di Malpensa è straordinario
è il migliore che c'è nel circondario (circondario)
all'aeroporto di Malpensa c'era un nano
che c'aveva la faccia da aeroplano
era lì che piangeva già da un mese
era lì che aspettava Biancaneve
all'aeroporto di Malpensa c'era lei
era lì che c'aveva in braccio un gay
ma quando mi ha guardato il mio cuore s'è fermato
poi è partita e son rimasto lì con lui

Malpensa, Malpensa
o mamma che esperienza
mai dire mai, soprattutto con il gay
Malpensa, Malpensa
continua l'esperienza
io penso a lei, ma vivo con un gay

l'aerporto di Malpensa è decentrato
ma pur sempre vicino alla città
l'aerporto è quello di Milano
per andare in città ci vuole il treno
all'aeroporto di Malpensa c'è chi aspetta e c'è chi spera
che stasera il suo bagaglio arriverà
io non posso viver senza guanti, senza spazzolino per i denti

l'aerporto di Malpensa è sorvegliato
protetto da un filo spinato
chi entra viene schedato, filmato, fotografato

finalmente è tornata Biancaneve
che era andata via con gli altri sei
quando l'ha vista nano, con la faccia d'aeroplano
ha mandato a fanculo pure lei

oh nano, oh nano
le donne son così
oh nano se lo vuoi posso prestarti il gay

oh nano, oh nano
non dire che il gay è strano
lo dici proprio tu che hai la faccia d'aeroplano

l'aerporto di Malpensa è molto grande
pieno di tristezza e di felicità
a seconda che uno arriva oppure parte
o qualcuno che rimane là
all'aeroporto di Malpensa c'era un nano
che ha trovato la felicità
ha sposato un pilota d'aeroplano
è contento di vivere là
ma la hostess per stargli vicino
lo accompagna quando viene e quando va
con la minigonna e l'orecchino
ha trovato la felicità

con la minigonna e l'orecchino
ha trovato la felicità

oh nano!


どうぞ、これから勉強として歌ってみましょう^^!
2012-01-12(Thu)
 

イタリア語のイディオムと口語表現600

やっとできました!8月に、九段アカデミーの中原先生と一緒に書いた本は印刷されました。



イタリア語のイディオムと口語表現600には、イタリア語母語者から毎日の生活で良く使われていて、普通の辞書で書いていないイディオムの説明があります^-^!

イディオムを集めりながら、私も日本語の勉強ができて、中原先生からたくさん面白いことを習いましたのでとても楽でした!

これから、イタリア語のイディオムと口語表現600は授業中にも使いたいと思いますので、楽しんでイタリア語と日本語のエクスチェンジができて、うれしいです!^-^!

2011-09-15(Thu)
 

歴史も勉強になる。。。

先週の土曜日の朝のレッスンに、イタリアの歴史についてイタリア語の勉強をしました。授業中1800年代のイタリアの国家統一について話しました。

レッスンの準備をした時に、面白い本を読んで、大学で学んだ歴史の復習も出来たから私もとても面白くて楽しかったです。イタリアの歴史とか、イタリアで起こったことについて勉強をすると、イタリア語の勉強も出来るし、イタリア人の考え方も少し分かりやすくなると思います。
イタリアの歴史を見たら、イタリア人の中で良く出てくる習慣と意見が出て来ますので、今の社会とこれからイタリアはどうなるか少し分かる事が出来ると思います。

例えば、1861年の前にイタリアは沢山小さい国に分けていました。そう考えたら、どうして今もイタリアの町の間にとても強い競争があるか分かります。
例えば、昔はFirenzeはトスカナ公国の首都だったし、Sienaはシエナ共和国の首都でした。勿論、隣だったのに、トスカナ公国はシエナ共和国の事が嫌いでした、SienaとFirenzeの間に色々な問題がありました。その結果、今もSienaとFirenzeの間に強い競争があって、特にサッカーの試合がある時にケンカが起こる可能性があります!
    

  
(昔のイタリアに合った国の地図




2011-06-06(Mon)
 
イタリア語&日本語

 

みんなさん、今日は! Ciao!!!

 

九段アカデミーのイタリア語の教師フェデリコです。外国語が大好きです!特にイタリア語と日本語のエクスチェンジに凄く興味があるので日本人のイタリア語の学生と一緒にイタリア語と日本語の勉強したいです! 私も日本語の勉強中なので学生の気持ちも分かります。外国語の勉強をすることがもちろん難しくて沢山頑張らなくちゃ。。。でも本当に面白いと思います!毎日沢山人と会えるしいつも沢山新しいことを学べるし。。。世界でそんなに面白いことがないと思います!

 

 

-----------------------

 

 

C`e` una novita`!

 

最近九段アカデミーの校長先生と話して九段アカデミーと協定を結びました。 校長先生のおかげでこれから九段アカデミーで私のイタリア語の授業が出来ます!今ももっと頑張りたくてもっとイタリア語とイタリアの文化の事も教えたくて凄くうれしい! 九段アカデミでする授業は50分の授業です。勿論文法の勉強しますし会話の勉強も沢山したいです。イタリア語の文法を学びながらコミュニケションを大事にして沢山話しましょう! 私と一緒に勉強したい方がいらっしゃったら次のウエブページをご覧ください! 宜しくお願いします!Grazie!

 

 

http://federico.giri.jp/ 

 

italiagonihongo

Author:italiagonihongo
FC2ブログへようこそ!

☆☆ Visite ☆☆
☆☆ La Classifica ☆☆

FC2Blog Ranking

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-